にへい社会保険労務士事務所

企業内確定拠出年金

企業内確定拠出年金

About

日本の公的年金制度は、3つの年金から構成されているため、「三階建て」と呼ばれています。まず、一階部分として、20歳以上の全国民が加入する国民年金があります。これは、加入期間の長さによってもらえる金額が決まる仕組みです。

次に、二階部分として民間のサラリーマン・公務員等が加入する厚生年金保険、自営業者・フリーランスが加入する国民年金基金があります。厚生年金保険は法律で加入条件が決められているので、選択の自由はありません。一方、国民年金基金は任意加入です。

最後に、三階部分として、従業員を対象として企業が独自に運営する企業年金制度があります。これらの年金制度に加え、「確定拠出年金」が登場しました。確定拠出年金には、個人型確定拠出年金(以下iDeCo(イデコ))と、企業型確定拠出年金(以下企業型DC)の二種類があります。