にへい社会保険労務士事務所

障害年金

障害年金

About

障害年金は、公的年金のひとつで、病気やケガによって生活や仕事などが制限されるようになった場合に、受け取ることができる年金です。

この制度は、国の保険制度なので、20歳以上の皆さんは加入する事になっています。

障害年金には「障害基礎年金」「障害厚生年金」があり、病気やケガで初めて医師の診療を受けたときに国民年金に加入していた場合は「障害基礎年金」、厚生年金に加入していた場合は「障害厚生年金」が請求できます。

障害年金は、請求手続きをしないと支給されません。

障害年金制度を知らずに、請求していなかったという方はたくさんいらっしゃいます。

制度をしっていても手続きが難しいため、途中で諦めてしまう方もいます。

病気やケガで生活や仕事に制限がされている方は、専門家である社会保険労務士にご相談をしてみてください。

(請求:原則20歳~64歳まで)

重要用語

Point1

初診日
障害の原因となった病気やケガについて、初めて医療機関の診察を受けた日
認定日
障害状態を定める日。初診日から1年6か月を過ぎた日、または1年6か月以内にその傷病が治った場合(症状固定も含む)には、その日をいう。

給付対象の傷病名

Point2

内障、緑内障、眼球萎縮、網膜色素変性症、糖尿病性網膜症、脳梗塞後の半盲

聴覚

感音性難聴、メニエール病、薬物障害による内耳障害、 頭部外傷又は音響外傷による内耳障害、突発性難聴

鼻腔機能
咀嚼・嚥下機能
言語機能

外傷性鼻疾患、喉頭摘出術後後遺症、上下顎欠損

肢体

上肢又は下肢の離断又は切断障害、脳卒中、関節リウマチ、脊椎損傷、パーキンソン病、進行性筋ジストロフィー、寝たきり状態

精神

うつ病、統合失調症、双極性障害、てんかん、高次脳機能障害、 若年性認知症、知的障害、発達障害

呼吸器疾患

肺結核、じん肺、気管支喘息、慢性気管支炎、膿胸、肺線維症、肺気腫

循環器疾患

狭心症、心筋梗塞、僧帽弁閉鎖不全症、大動脈弁狭窄症、大動脈解離、悪性高血圧、高血圧性心疾患、心筋症

腎疾患 肝疾患 糖尿病

慢性腎炎、ネフローゼ症候群、慢性糸球体腎炎、慢性腎不全、肝硬変、肝癌、肝炎、糖尿病、糖尿病性と明示された全ての合併症

血液・造血器 その他

白血病、HIV、潰瘍性大腸炎、がん全般、難病など

※ 新膀胱・人工肛門・人工関節、人工透析、人工弁、ペースメーカーなども対象です。